RECRUITINFORMATION

オリジナル商品の企画・開発も醍醐味。
これからの「名給」で活躍する、
新しい人材を求めています。

“食”の新たな価値を創造し続けている名給。「食の総合商社」として、1000社以上ある取引メーカーの中からご要望頂いた商品を探し出し、提案・販売することが可能です。また、自社内の販売促進部門(メニュー開発部)と共に、オリジナル商品を生み出していけるのも強みで、企画商品を自分達で生み出していくのも、当社ならではの仕事の醍醐味です。他にも勉強会や試食会を開催したりと、提案する面白さを感じられる仕事です。食品の営業(新商品や新メニューの企画・提案等)、食のエキスパートとしての活躍を期待しています。

名給丸わかり
社員の一日

先輩インタビュー

Interview 01

社会に対してどのように自分が
貢献できるかを考えた時、
食に関わる仕事に就きたいと思いました。

メディカル直販部加藤 慶人

入社の動機は、食に関わる仕事に就きたいと思ったからです。出身は人文学部になりますので、食品に関わる学部ではなかったですが、就職活動するにあたって、社会に対してどのように自分が貢献できるかと考えた場合、食というのは絶対に必要なものですから、それに関わる仕事に就きたくて名給を志望しました。メディカル直販部は、主に病院、ご高齢者様向けの商品になります。私は老人ホームなどに営業へお伺いする事が多いのですが、施設にご入 居の方は食事をいちばん楽しみにしていると言われまして、あらためて食の大切さを知りました。 

この仕事のいちばんのやりがいは、「このような商品がいいですよ」とご提案した時に、その場ですぐに採用されることはないですが、2ヶ月後、3ヶ月後にお客様から発注書が入ってきた時、あの時にご紹介した結果を採用していただいたんだと思うとやりがいを感じます。最初にお客様のところに行った頃は、名給さん、名給さんと社名で言われたのが、徐々に自分の名前を言われるようになって、私自身がお客様から認められるようになったんだと思った時は、信頼を得ることができたんだと思いました。現在担当しているお客様に関しては、会社が何十年と関わらせていただいておりますので、先輩たちが築き上げてきた関係性を壊さないようにしていきたいです。

私は旅行に行くのが趣味で、もちろん観光もしますが、いちばんの目的は食べる事です。旅行先のご当地のメニューを頼んだりとか、もしくは個人経営のお店に行ってごはんを食べることが好きです。営業職は入社にあたって、特別に食の勉強をすることはありませんが、いろんな場所に行って、美味しいものを食べるということが、とても大切なんだと気づきました。食べてみたい食材はタイ料理です。以前友人とタイに行ったときにパクチーがダメだったので今度行く時はタイ料理を食べてみたいです(笑)。

Interview 02

女性が多い職場ですから相談がしやすく、
育休、産休にもみんなの理解があって、
働きやすいです。

メニュー開発部稲垣 愛

私の出身の学校は管理栄養学部です。管理栄養士の仕事をしていくなら、ご高齢の方に関する仕事をしたいと思っていましたので、たまたま(名給の)ホームページを見て、メディカル向けにも力を入れているし、昔から学校給食をやっているということを知って説明会に参加しました。その時、とてもアットホームな会社だというのがわかりました(笑)。先輩との座談会にも参加したのですが、みなさん仲良さそうに話していて、働いていて楽しそうだと思いました。

現在は主に生協様の夕食宅配の献立を立てる仕事をしています。一人暮らしのご高齢の方の食を支えることになりますので、自分の祖父母に食べてもらうように想定して、飽きがこないように栄養もしっかり考えています。これからは一人暮らしのご高齢の方が増えていくと思いますから、そういう方をしっかり支えていければと思います。他にも産業給食様の提案を考えたり、ホームページ用の写真なども作っているので編集をしたり新メニューの試作などを行なっています。生命に関わる仕事ですから、締切に追われることもありますが、丁寧に、ミスはないよう、いろんな人にチェックしてもらい徹底しています。

メニューを立てる、料理を作るというのが主な仕事ですので、女性に向いてる仕事だとは思います。それに、やっぱり女性が多い部署ですから、結婚する、子どもが生まれるという時にみんなが理解してくれる環境があって、育休や産休も取りやすいですし、相談もしやすく働きやすいです。それから、誕生日にバースディプレゼントがあります(笑)。ケーキとかカステラとかデザート系の中から、ひとつ選んでプレゼントをいただいています。友達に聞いても、誕生日に会社から何かもらえるなんてないと言ってますから、いい会社だなと思います(笑)。

クレドについて

名給が果たす社会への役割&未来を見つめた展望を、「クレド」として社員に周知し、カードとして配布しています。詳しくは弊社サイト内の「クレド」ページをご覧ください。

COPYRIGHT ©︎ MEIKYU CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED.